サンバイザーのとめ方 

170605DSC_0001.jpg
170605DSC_0002.jpg

本日2度目。

自転車ですっころんでから2か月。
実はまだ肋骨のあたりが痛む。
だいぶましになってきたけど、卓球練習の後は
保冷材で冷やしている。
左胸に入れているので、左胸だけカタリーナ状態。
(コゼロネタですみません;)

サンバイザーが風に飛ばされかけたことが
原因なので工夫した。
帽子どめ(百均)(本来はつばの後ろにつける)を片方、
つばの横に止めてからかぶる。
首の後ろを通して、反対側のつばの横につける。
これだけでずれることも飛ぶこともない。
「首の後ろを通す」ことがコツ。
ひもが長い場合は止める位置を前にずらせばよい。
欠点はひもが少々目立つこと。

あまり役立ちそうもない情報ですが。