夕焼けとか服を捨てられないとか 

170418DSC_0007.jpg

画像は今日の夕焼け。
久しぶりに夕焼けを見た。初夏が来た感じ。

昨夜は東京に住みたい話を私がしたら、
年少の者が「オレも!六本木がいい!」だって。
REジョーの住んでいた六本木か。大変お高そう。
家族は「川崎は安いんじゃないかな。東京なら中野区とか」
*川崎は東京に近いけど、神奈川県です。
「川崎なら二千万。中野なら三千万位(マンション)」
う~ん、宝くじにでも当たらないと無理かな?

昨日と今日で、服の断捨離をした。
買ってきた服がクローゼットに入らなくなったので。
服はたくさんあるのに、着たい物がないってどーゆーこと?
つまりあまり捨ててないんですね;
下手したら、20年前の服が出てくる…。
捨てるのに悩む服と言うのは、主にこの3つ。
 ①古いけど傷んでない。
 ②買って間もないけど、似合わなかった。
 ③仕事に使うかもしれない。
②は思い切って捨てた。①も半分位捨てた。
③はまた仕事に出る可能性もあるので、考え中。

ゴミ袋2つ分は廃品回収に出すことにしたが、まだ着ない服がある。
「服は3年経ったら捨てたほうがいい」という記事をネットで読んで、
そうかもしれないと思った。
流行が終わると、着る気にならないんだよね。

家族は何でもすっぱりと捨てる人。
昨日、2年前に買ったダッフルコートを捨てたのには驚いた。
1年着なかった服は捨てるらしい。
見習いたいけど、なかなか難しい~。