失敗してもいい 

フラワーズ5月号は買っています。
ポーの感想は近いうちに。

昨日、今日は探し物を何時間もしていた。
年少の者がスーパーのアンケートを送ったら、
二千円分のショッピングカードが当たった。
本人、大喜びで「おやつ買うんだ~」と言っていたのに、
30分後「ショッピングカードがない!」と騒ぎ出した。
二人で考えられる所を探し回ったが、見つからなかった。

年少の者は「なんですぐ物をなくしちゃうんだろう」
と自己嫌悪に陥っていた。
「この頃なくさなくなったよ。部屋でなくしたんだから、きっと出てくるよ」
と言ってみても、丸一日以上へこんでいた。
お小遣いをもらうことはあっても、懸賞とは言え、自分で稼いだことは
初めてだったので、相当ショックだったのだろう。
「はい、魔法の言葉。失敗してもいい。言ってみ?」と言ったら、
それを言ってから、散歩して帰った時にはようやく立ち直っていた。

私も家族も元球児もなくしものはしょっちゅうだから、血筋なのだろう。
私もこの前包丁が見当たらなくなったし、元球児もアパートの鍵を
二回なくしたと言っていた。
痛い目を見て、自分で工夫するようになる他ないだろう。
もっと大事なのはそういう自分を責めないことだと思う。
私にとっても「失敗してもいい」は魔法の言葉だ。