通報その後 

全豪の記事に拍手ありがとうございます。

下の記事ですが、年少の者がピンポンダッシュしてすぐに
通報されたらしく、真夜中にうちに警察官が来たようだが、
ピンポンを鳴らされても、私も家族も熟睡していて気づかなかった。
年少の者は外にパトカー止まっているし、怖くてブルブルしていたそうだ。

今日は施設に行く日だったのだけど、家族が「お前は謹慎中だ。
行くなら一人で行け。施設に係る費用も自分で出せ」と言ったので、
私は送り迎えをしなかった。
施設でも、彼はこの件に関してたっぷり怒られたようだ。

今日、家族が帰宅してから、「ピンポンダッシュしたすべての家に謝りに行け」
と言ったのだが、本人が「知らない人とほとんど話せないから手紙を書く」と言って、
すべての家の郵便受けに謝罪の手紙を入れてきた。
通報した家には、その手紙の他に、警察官を通じて約束した日時に謝りに行く。
許してもらえるかどうかわからないけど、暗いことばかり考えても仕方ない。

年少の者が警察官に叱られている時、「立小便」という言葉に反応して
笑ってしまい、さらに叱られていた。
笑ってはいけない場面がわからない。
全てのことにつながりがなくて、物切れになってしまう。
それを後で説明しておいたが、普通の人にはよくわからないだろう。

また、「○○とか△△とか××とかしちゃいけないよ」と言われると、
それ以外のことはしていいんだと思ってしまう。
それは一つのグループであって、それに類する悪さは全てダメだ
と言われている認識がない。

瞬間瞬間を生きているという意味では、良い面もあるのだけど。
日常生活を送る上では、つながりが分からないと困ることがたくさんある。
非常に難しいが、本人の成長を信じて、繰り返し伝えようと思う。