胡蝶蘭とか人とのかかわり方とか 

161004IMG_5911胡蝶蘭

下の記事に拍手ありがとうございます。

画像は今日撮った胡蝶蘭の花。

朝、ノーベル賞を取った大隈さんがTVに出ていて、
「研究がおもしろくて、楽しんでやっていた」
みたいなことを言っていた。
人から見たら、すごくがんばっているように見えても、
ご本人にはがんばっている意識はないのだろう。
ただ好きで、楽しくて、おもしろくて。
だからこそたどり着いた境地なんだろうなあ。

年少の者を眼科に連れて行った。
いつもなら若い職員さんを見て、「かわいい~」と
喜んでいるのだが、今日は私のほうを見て、
「へーちゃん、かわいい!」の連発だった;

以前、20代の子供に「かわいい」と言われているみたいなことを書いたが、
一日に20回も30回も連発されると、むしろ嫌がらせだ。
家族に言わせると、当たれなくなったから、新たな手を考えたのだろうと。
本人に「それは不快だ」とはっきり言った。

家族には、わざとわかるような悪さをして、たしなめられて喜んでいる。
家の外でも色々悪さをして、注意を引こうとしている感じもある。
誰ともつながりがほぼないことが寂しいのかと思う。
無視されるよりか、叱られるほうがましなのかもしれない。
人とのかかわり方という、自閉症者には最も難しいことが、
少しずつでもわかるようになればいいのだが。