ウィンブルドン4回戦 

ウィンブルドンテニスの錦織君の4回戦を観ました。
相手のチリッチのサービスエース連発も驚いたが、
それより驚いたのは、錦織君が普段のサービスが
全くできなかったこと。痛々しかった。
途中でコーチ陣がリタイアするように声をかけても
継続していたが、1-6、1-5の場面でついに棄権。
左わき腹がよほど痛かったのだろう。
後の会見で、「グランドスラムでなければ、1回戦から棄権していた」と。
痛みを戦いながら、よく4回戦まで行った。
ゆっくり休養して、治してもらいたい。
でも「芝が少し好きになってきた」と言っていたとおり、
ストロークは本当にすごかった。

女子の土居さんの4回戦も観た。
全豪優勝のケルバーに対して、引けを取らない積極性がすばらしかった。
サウスポーなんですね。フォアハンドが強力だった。
ケルバーはフットワークが良く、拾いまくっていた。体幹が強そう。
土居さんは3-6、1-6で負けたけど、まだまだ伸びしろがありそうだ。
女子のテニスを観るのも楽しみになってきた。