自閉症者の不思議 

本日2度目。

今日、夕食前に年少の者が「気持ち悪い」と言ったので、
どこか調子が悪いのか心配していた。
そしたら、「気分が悪いのはおなかが空いていたからだと思う」
と言って、パクパク食べだした。

疲れ、空腹、眠気、かゆみなどで不快になるのは誰でもあると思う。
でも、年少の者はただ「不快」としか感じられなくて、
原因が自分でわからない。
だから赤ちゃんが泣くように、わーわーわめくだけ。

不快なのは、自由でないからとか尊重されていないからとか、
変なところから理屈を持ってくるのが、困りもの。
自分で本当の原因がわかって、対処できるようになってくれるといいのだが。