話し合いとか読んだ本とか 

160505IMG_5599ニワゼキショウ

画像は数日前に撮ったニワゼキショウの花。
この色の他に、青や白の花もある。

昨日、年少の者が「数年前に父親に言われたことを
思い出すとつらい」と言い出したので、家族3人で話をした。
高卒認定試験に受かった後、「ニートは許さない。
学校へ行くか、フリースペースへ行くか、働くか、
毎日芸術活動をするか、何かを選べ」と言われたのが、
きつかったそうだ。
その頃は今のようにひどいうつ病ではなかったが、
彼にとっては無理な要求だったのかもしれない。
じっくり話を聞いたことで、気が晴れたのか、
「もう悪さはしない」と言っていたが、
そう簡単にはいかない気がする。
今日はクリニックの日だったが、悪さを医師に話して、
おもしろがっている節もうかがえる。
他のことに楽しみを見出してくれると良いのだが。

クリニックの待ち時間で、岡本太郎の
『自分の運命に楯を突け』という本を読み終えた。
以前に『自分の中に毒を持て』を読んだが、
その続編みたいな感じ(どちらも年少の者が買った)。
『人に好かれようと思うな』
『自分以外の者になるな』
『弱いなら弱いまま、ありのままで進めば、
 逆に勇気が出てくるじゃないか』
などは、心屋さんと共通するものがあるなと思った。