アフタヌーン6月号(第130回)感想  

本日2度目。

感想は明日と書きましたが、時間ができました。
アフタヌーン6月号感想行きます!↓

わ~い、試合だ、試合だ~!久しぶりvv

さて最初から行こう。
秋の鎌倉遠足の描写はごく簡単に終わった。
おっ、鶴岡八幡宮と由比ガ浜ですね(神奈川県民なので分かる)。

そして四市大会!
あまり聞いたことがないのだけど、埼玉独自の大会なのかな?
予選ブロックをスルリと勝ち抜いた西浦。

決勝トーナメントはまず崎玉と当たることになった。
夏の大会でコールド勝ちしたチーム(阿部の佐倉敬遠作戦で)。
この四市大会では、夏にベンチ入りしていない石浪という選手が
5番に入っているという。

阿部は三橋に「今回は敬遠ナシだぞ」と言う。
「崎玉に勝てば次はARCだ」
ハイ、阿部と三橋、見詰め合っております^^。ご馳走様(笑)。
スクリューを打つ気満々の田島を横目に、
花井が「オレは打ったし…。次も打つし…!」と面白顔。

さあ、決勝トーナメント1回戦。
佐倉が三橋を見つけて、「今日は勝負してくれますか?」と聞く。
青くなりながら、うなずく三橋。
田島が早速プラス思考ビームを三橋に浴びせる。
三橋も気持ちを切り替えて「プラス!」
らーぜの新しい円陣、上を向いて胸を張って大声出すのね。
みんな、ちゃんとメントレを実践してるじゃない^^。

試合開始前に、阿部がマウンドに駆け寄る。
「さすがに今日は気持ちに余裕あんだろ」と言われた時の
三橋の顔が崩れすぎてる(笑)。
久しぶりに『お手』を見た!いいね、いいねvv
三橋はコントロールが戻らないのが不安なんだな。
でも『だいたい4分割』できるのはすごいと思うけど。

「プラス思考!」とミットで三橋の顔を持ち上げる阿部。
わ~い、わ~い!いいね、このコマ♪
「上向け!」チュッvv ウソです。妄想入った、ゴメンナサイ。

試合開始!
『今日は勝負だ!』『阿部君はオレのコントロールを信用してる!』
あれ、今『阿部君』って言った(心の中で)?
『タカヤ』でいいんだよ?ていうか、『タカヤ』って言って。
ま、いいか。阿部君呼びも捨てがたい^^。

崎玉バッターにとって、三橋の投球は夏とフォームも違うし、
変化球の切れも良くなって見えるらしい。
三橋、フォーム改造して良かったじゃないの。
多少の制球不安は阿部が補ってくれるって。
崎玉は三橋の球数を増やす作戦らしい。

3番バッターの途中で今回は終わり。
次回は休載だそうです。
それから最新27巻が8月発売だって。
楽しみvv

試合前に、田島が「レン」って呼びかけていたけど、
阿部はまだこの試合で「レン」って言ってないよね。
いつ言うのかな~。
崎玉戦かARC戦で、三橋もつられて?「タカヤ」って
言ったらうれしいけど、それはないかな?どうかな?
試合の展開も楽しみだけど、名前呼びの展開も楽しみですvv

それから、今回絵がきれいな気がしたのだが、どうだろう?
みんなの顔がかわいいような(特に阿部君vv)。

後、作者近況でひぐち先生が
「西浦メンバーがふたたび長袖を着たのも感慨深いです…
やっと1年目の秋が来ました」と書いていた。
本当に感慨深いな~。
おお振りにはまって、何年経ったことか。
ずっとファンでいます!