前者後者 

下の記事や引き続きアフタ5月号感想、以前の感想等に
拍手ありがとうございます。

年少の者は熱が下がったと思ったのに、
夜になったら高熱に逆戻り。
今日も昼間から7度5分あるので、
また上がるかもしれない。
旅行でエネルギーゼロになってしまったからなのか。

今日は私の精神科通院日。
完全に自信がつくまでは、
抗うつ剤を減薬しないほうがいいと言われた。
まだ時々夜になると、疲れが出ることがある。
朝、起きた時の気分の悪さは取れた。

心屋さんのブログで展開されている前者後者論を
ずっと興味深く読んでいる。
前者は「大人になりたくてなれてしまった人」(子どもでいられなかった大人)、
後者は「大人になりたくてなれなかった人」(大人になり切れなかった子供のような大人)。

投稿したコメントをこちらにもあげておきますね。

-以下コメント-

私は後者に間違いないと思います。
「真っ白になる」がよく意味わからなかったのですが、
「ぼーっとしている」「目が宙に浮いている」は、
よく人に言われます。
人の話は聞いてなくて、聞き直すことがしょっちゅう。
忘れ物、落し物、ボンミスの山です。

オオボケすぎて、生活できないレベルなので、
準備に時間をかけ、メモを取り捲り、
指差し確認をしっかりやります。

一度に二つのことができません。
集中すると、かなり力を発揮し、
これと決めたことでは良い成績を残します。
できることとできないことの差が大きいです。

普段のボケボケを見ている人は、
私の飛びぬけてできるところを見ると、
びっくりするようです。
逆もしかり。

最近強制終了してしまったのは、
妻として母として、
もっと色々なことを(まんべんなく)
できないとと思いすぎていたのかな…。
後者は能力がでこぼこでいいんですよね。

-コメント終わり-

こんな私だが、いつも前者の皆さんに助けられていると感じる。
「この人危なっかしくて、ほっとけない」と思われているのかも。
ありがとうございます。
後、「安心できる」と言われることもある。
こんなボケボケでも生きていけるんだから、
自分でも大丈夫だと思えるという意味なのかな(笑)。