ドラえもんとか親からの自立とか 

160217IMG_5222ハボタン

画像は昨日撮ったハボタン。

年少の者は昨日結局ギャルカフェには行かなかったそうだ。
渋谷には行ったものの、地図を忘れて、私に電話をかけてきた。
場所を調べて教えたところ、店の前までは行ったけれど、
入る勇気が出なかったと言う。夜遅く帰ってきた。
今日になって、「入らなくて良かったかも」と自分で言っていた。
私もそう思う。彼にはハードル高すぎだろう。

うつになってからの3,4年、滅多に出かけなかったし、
出かけると翌日は疲れきって寝込むか荒れるかだった。
でも今日は疲れも見せずに、施設に出かけていった。
帰宅後も穏やかで、「この頃怒りの気持ちがわかない」と言う。
だいぶ調子が良くなって、うれしい。
このままうつが完治したら、本当にいいのだけど。

彼は、時々自室の押し入れに入って休んでいる。
用事があって、部屋に入っても姿が見えないときは、
「ドラえも~ん!」と呼ぶと、押入れの戸を開ける(笑)。
狭いところに入ると、気持ちが休まるのだろうか。

親からの自立に関して↓

昨夜は私はなんだかぐったりしていて、
「年少の者は調子がよくなったけど、私はまだかも」と
愚痴をこぼしていた。
すると家族が突然「親からの自立」と言った。
「え?」と聞き返すと、「親から精神的に自立することだよ」と。
「でも、あなたみたいにまともな親を持つ人と違って…」と言いかけたら、
「そういう言い訳をしている限り、そのままだ」とピシャリと言われた。
「親に何にも期待しちゃダメだ」とも。
そうかー、私、依存してたのかー。

親のことではグルグルグルグル考えに考えて、
もう嫌になっていた。
家族はそんな私を見ていて、言ってくれたのだろう。ありがたい。
自分のことって、自分ではなかなかわからないものだ。
(ハッキリ言われないと理解できない人)
ハー、嫌だ。もう疲れた。考えるのはもうストップ。

心屋さんがブログで、ひとことカウンセリングコーナーをやっていて、
それがすごく爽快でおもしろい。
深刻な悩みに対して、ひとことでバッサバッサと切っていく。
「なんもすんなってば」、「やれーーー」、「しらんがなーーー」とか。
一番心に響いたのが、「ぐずぐずいうなーーー!!!」だった。
まるで私に言われたみたい。

私のグルグルを読んでいただいた方がいたとしたら、
本当にすみません。ありがとうございました。
ひとまず親のことについては、これで一区切りだと思います(多分)。
何か大きな変化があったら、また書いちゃうかもしれませんが。