今朝の空とかゴミ箱にはならないとか 

151217DSC_0002.jpg
151217DSC_0008.jpg

下17個の記事に拍手たくさんありがとうございます。

画像は今朝の空。雲多め。

昨夜は家族でケンタッキーに行ってきた。
もうこれがクリスマスの代わり^^。
クリスマスの時期は混むので。
今年はケーキも作らないかもしれない。

今日は年少の者が私を部屋に呼んで、
「八日ぐらい前にゴミ箱を蹴ったら、こうなった」
と壁の傷を見せた。またか…。
この前はふすまに向けて蹴って、穴を開けてしまったので、
壁に蹴ればいいだろうと思ったのかも。
傷ぐらいなら、ペナルティはなしかな…。

その後も、夜中に防音マイクを使って、階段室で叫んだとか、
色々悪さの話をし始めた。
(自閉症特有のこだわりで、何十回でも同じ話をする。)
人に危害を与えない程度の悪さは笑ってしまおうと以前書いたが、
さすがにげんなりしてくる。

それで、「私はあなたのゴミ箱じゃない。こんな悪さをした、
あんな悪さをした、と自慢するような口調で言われ続けると、
気分が悪くなるばかりだ」と言った。
すると、彼は「自分の話すことで、そんなに人を追い詰めているとは
今まで分からなかった」と言った。
ちゃんと話せば分かるのか(本当に分かったのかは謎だけど)。

私はずっと『ゴミ箱』という役割に甘んじていたのかもしれない。
彼に言った言葉は母にこそ言いたい言葉だったと気づいた。
子供の頃、母の機嫌しだいで暴言、暴力を受け続け、
大人になったら、父の悪口と自分がどんなにけなげでいい人かという
自慢話を聞かされ続けた。
「私はあなたのゴミ箱じゃない」
もう誰のゴミ箱にもならない。幸せに生きると決めたから。