母のこと9 

下の記事に拍手ありがとうございます。

もう12月だから、お正月のことを考えなければ。
義実家には1人暮らしをしている元球児も含めて、
4人で行けそうだ。
問題は私の親に会いに行くかどうかということ。
長距離ドライブになるので、私の体調にもよるのだが。
体調が良かったとしても、まだ問題がある。
続きに入れます↓

毎年正月には両親に会っていたのだが、
今年は私が母に縁を切られたので、どうしようかと。
父には会いたいので、父が連絡をくれた時に約束して、
会いに行くしかないかな。
(母に電話を取られると嫌なので、私からは連絡を取っていない)
その時に父と一緒に、母も来るのかどうか。
でもそれは母自身の問題なので、来ても来なくても、
私は毅然としていようと思う。

家族は「もう自分の言ったことは忘れてしまって、普通に
待ち合わせ場所に来るかも」と言うのだが。
いくらなんでもそれはないのではないか。

この頃沸々と母への怒りがわく。
娘の具合が悪い時に、自分のしてきたことは
さっぱりと忘れて、感情に任せて、
「あんたの顔も見たくないし、声も聞きたくない。
私のことは死んだと思え!」
などとよく言えたものだと思う。
自分のことしか考えていないのは、
昔からちっとも変わっていなかった。
どういう育ち方をしたのかは知らないが、
異常な人間なのだということは、つくづく分かった。