身長&8月号補足 

下の記事に拍手ありがとうございます。
オンリーで等身大の阿部パネルと並んでみて、後で思ったこと。
私の身長は三橋に近い(入学時より少し低い)ので、
三橋から見ると阿部はこんな風に見えるのか~。
5~6cm差って結構あるな。ふ~ん、ニヤニヤ。
関係ないけど、うちの元球児の身長が最近伸びている。
もう伸びる時期は過ぎたはずなんだけど、なんでだろ?
今は多分入学時の花井に近いんじゃないかな。
隣に立ってみて、三橋(あるいは田島)が花井を見ると
こんななんだと思った。かなり見上げる感じ。

009だとジョーは173cm、ジェットは185cm位のイメージ。
12cm差は結構あるな。他の方はどんなイメージなんだろう。

こんなこと書いてる暇があったら、12巻の感想書けばって話。
今絵を描いてるところ。模写すら時間がかかるので(しかも似てない)。
その前にアフタ8月号の補足一言(冗談注意)↓

続きを読む

阿部オンリー 

下2つの記事に拍手ありがとうございます。
今日は阿部オンリーイベントに行ってきました。
写真とかあるので、見てもよい方は下からどうぞ。↓

続きを読む

明日は阿部オンリー 

アフタも12巻も阿部がかわいくてかわいくて、もうたまらん!
いっつも一生懸命なんだなー。
そんでなんというか、清潔な色気があるよねvv
見ているだけでドキドキしてくる~!!
おお振り、特に阿部を語れる人が周りにいないので、
ここで叫ぶしかない…。(寂しい人?)
やっぱり明日の阿部オンリーは行こう。

家族が自宅療養中で、留守にするのは無理かと
思っていたが、今は安定している。
この先どうなるかわからないので、行ける内に
行っとこうと思います。

近所のアジサイ 

090627DSC_0025.jpg
090627DSC_0023.jpg
下の感想に拍手ありがとうございます。
山の斜面のアジサイが見頃になった。
ランニング中の少年野球の子供たちとすれ違った。

アフタヌーン8月号感想 

下の記事に拍手ありがとうございます。
アフタ買ってきて読みました。
12巻の感想は後にして、8月号感想を先に↓

続きを読む

12巻表紙裏補足(改) 

下2つの記事に拍手ありがとうございます。

表紙裏だけで、補足が書けるってどんだけ~!
本編の感想は後でゆっくり書きます。
(さらに妄想追加しました。)

表紙裏補足(妄想注意)↓

続きを読む

12巻買いました 

おお振り12巻を買ってきた。
もうすっごく良かった、おもしろかった!!
昨日1Q84を読み終わったので、その感想でも書こうかと
思ったのだけど、12巻でぶっ飛んでしまった。
ドキドキしたり、鳥肌立ったり、ニヤニヤしたり、
百面相しながら読んでいる自信がある(笑)。
アフタとどっち先に感想書こうかなー。

とりあえず今日は表紙裏の感想だけ↓

続きを読む

今日の空 

090623DSC_0009.jpg
090623DSC_0044.jpg
下の記事に拍手ありがとうございます。
今日の西の空。昼下がりと日没前。
予報ほど暑くはならなくて、爽やかな一日だった。
空の表情がくるくると変わって、見とれてしまった。

もうすぐ12巻 

下2つの記事に拍手ありがとうございます。

昨日近くのグラウンドを通ったら、少年野球をやっていた。
ついつい捕手の子に目が行く。
小さい体に防具つけてるのが、かわいらしいv
阿部もあんなだったに違いないと思いながら、
じ~っと見てしまう。完璧不審人物(笑)。

今年ももうすぐ高校球児達の夏が始まる。
本誌はまだまだ同じ夏が続いているけど。
明後日は12巻発売日だ~!
思わず11巻読んで復習。
ほんと西浦バッテリーはヤバ過ぎ。
二人の濃密な関係性に惹かれっぱなし。
阿部の防具姿はやっぱりいいね!
うう~、かっこいい、かわいい~!!(錯乱)
12巻が楽しみー!
その2日後はアフタ発売日。
今週の元気はこれでチャージだ。

今日の空 

090620DSC_0003 
本日2度目。
真夏のような午後の空。
日差しは強いが、気温は適度。

八景島あじさい祭 

090620DSC_0008.jpg
090620DSC_0009.jpg
090620DSC_0041.jpg
090620DSC_0045.jpg
梅雨の晴れ間、横浜八景島のあじさい祭に行ってきた。
海風を浴びながら、約2万株のアジサイを見て回った。
種類が多くて、珍しいものもあった。
スタンプラリーに参加したら、かわいいアジサイストラップをもらえた。
後はソフトクリームを食べながら、のんびり海を眺めてきた。

迷い中 

下の記事に拍手ありがとうございます。
少し更新の間が空きました。
昨夜はすごい雷だった。
ここ数日、昼間は過ごしやすい気温で気持ちがいい。
雨は降るとしても夜だけなので、助かっている。

新しい携帯に、色々DLした。
萬画館の携帯サイトはなくなっちゃったみたい。
ヨミ編の29画像とかまた欲しかったのに残念。
着メロは『青春ライン』にしたのだけど、まだ慣れなくて、
鳴ってるのに自分のだとわからなかったりする;

時々書いているおお振りssが、両片思いまできたので、
どうせなら両思いまで書きたい気持ちがあるのだけど。
どこまで書けるだろうか。
文章力のことは置いといて(置いとくのか?)。
大人向けの内容になったとして、ブログじゃ裏も作れないし。
一瞬HP作った方がいいのか?と思ったが、
技術的時間的に無理な気がする。
なにしろ、よそ様の裏が探せなかったり、
バナーとか直リンって何?位のレベルだ。
ブログのまま書くとしたら、どの程度までが適当か。
試行錯誤するしかないかな。

というか、このブログ自体どこに行くんだか。
私の性分からして、「もういいや」もありえる(笑)。
半年後の自分が何をしているか、何が好きなのか、
想像もつかない。
まあその時々の気持ちと状況に応じるのが
良いかなと思っています。

しょうぶ園 

090612DSC_0008.jpg
090612DSC_0030.jpg
090612DSC_0040.jpg
090612DSC_0053.jpg
下の記事に拍手ありがとうございます。
今日は貴重な梅雨の晴れ間。
しょうぶ園に行って来た。
ほぼ満開のしょうぶが咲き誇っていた。
周りにあるアジサイも見頃。
風がとても爽やかだった。

アジサイ 

関東は今日梅雨入り。
と言っても、5月の末から梅雨っぽかった。
湿度は高いけど、気温は過ごしやすい日が続いている。
梅雨と言えば、アジサイ。

白アジサイ。真っ白なのやクリームがかったのがある。清楚な風情。
090610DSC_0001.jpg

普通のアジサイ。グラデーションが美しい。
090610DSC_0029.jpg

ガクアジサイ。上にバッタが乗っている。花もバッタもかわいいv
090610DSC_0037.jpg



下の記事に拍手ありがとうございます。
独り言にまでいただけると思わなかったので、驚いています。

この頃閉じこもり気味。たまにはエネルギーを補給せねば。
いっちょ、28日の阿部オンリーでも行ってみるか。先の話だけど。

独り言(改) 

下の記事に拍手ありがとうございます。

昔スポーツ選手だった時には、それなりに努力をしてきたつもりだが、
今にして思うのは、『自分一人のためにする苦労なんて、高が知れている』ということ。
世の中にはもっと大変なことがうんとあった。
私などより苦労している人はたくさんいると思うけど。

だからと言って、スポーツが役に立たなかったわけではない。
あの時の経験が今の自分を支えていると思うこともある。
それと、私がしたのは個人競技だったけど、
一人じゃないと感じることもあった。
中学の最後の試合で、直後にほっとして泣き出したとき、
気がついたら仲間に次々と取り囲まれていたこと。
高校の最後の試合で、『この試合は6年間支えてくれたコーチのために』
と心に決めたら、最高の力が出せたこと。

甘えるのは得意ではないし、頼りたいともあまり思わない。
でも、もたれかかるのとは違った意味で、
結局人を支えるのは人なのかもしれない。



上の文章は『自分のためにする苦労』を下に置いたものではありません。
むしろ、自分のためにせいいっぱいがんばれる人こそ、本当の意味で
世の中や他人のために何かできると思っています。
念のため、補足。

ベランダガーデニングその後 

090605DSC_0002.jpg
一ヶ月前はこうだったのが、今はこんなになった。
じめじめした季節は気が滅入ることもあるけれど、
植物が繁殖するにはいい気候なのだろう。
いつもはすぐ虫に食べられてしまうバジルも今年は元気。
今日パスタにたっぷり使ったら、おいしかったv
ミツバは昨日カツどんに使ったし、ナスタチウムはよく刺身に添える。
シソは明日てんぷらにしようかな。
画像では見えない所に貝割れ大根とパセリとカブもある。



下のssに拍手たくさんありがとうございます!
拙い文章だけど、書くのは楽しいと思えてきました。


村上春樹の1Q84を読み始めた。
しょっぱなから、文章のうまさに引き込まれる感じ。
いい文章を読むのは、ご馳走を食べるのに似ている。
この本はゆっくり味わって読もうと思う。

水平線Ⅱ(1) 

「廉,阿部君って何が好きなの?」
ウキウキしているオレに向かって,お母さんが聞いた。
「阿部君はね,好き嫌いないんだよ。何でもおいしそうに食べるんだ」
オレは自慢げに答えた。
今度の日曜日,阿部君と海へ行く。
そう言ったら,お母さんが二人分のお弁当を作ってくれることになった。
「そうだ,その日は帰りに阿部君うちに連れてくれば?
 あんたの誕生日だし,ご馳走作って待ってるから」
「ありがとう,お母さん!誘ってみるよ」
すごくうれしそうな顔になっていたのだろう。
お母さんが「廉はほんとに阿部君が好きねえ」と笑った。

『阿部君が好き』
お母さんの言ったのと違う意味で,この言葉は本当だ。
いつからなのかははっきりしない。
高1の時,「投手としてじゃなくてもお前が好きだよ」と言われて,
「オレも阿部君が好きだ」と返した。
もしかしたら,その時からずっと好きだったのかもしれない。
いつだってオレの目は阿部君を探し,求めていた。
阿部君の一挙一動に心が揺れた。
笑いかけられると,うれしくてたまらなかった。
はっきりと自覚したのは高3の秋ぐらいだったかな。
進路を考えた時,阿部君と離れることが耐え難かった。
捕手としての阿部君から離れたくないんだと最初は思った。思おうとした。
でも色々なできごとを通して,もう自分をごまかせなくなった。
だけど,この気持ちは隠しておかなければ。
阿部君は優しいから,オレの気持ちを知ったら困るに違いない。
それは嫌われるよりもっとつらい。
同じ大学でバッテリーが組めるだけで,幸せだと思わなくちゃ。
誕生日に何が欲しいか聞かれた時に,「一緒に海に行きたい」と答えた。
一生大切にできる思い出が作りたかったんだ。

5月17日,オレたちは電車を乗り継いで海へ出かけた。
「晴れてよかったな」
「うん!」
青い海なんて見るの,何年ぶりだろう。
波打ち際ではしゃぐオレに,阿部君が色々注意してくれる。
高校の時からずっとそうだ。周りのみんなは「阿部ウザイ」とか
「よく三橋は耐えられるな」とか言うんだけど,そんなことない。
阿部君はいつもオレのことをすごく大切にしてくれているのが分かる。
だから構われるのがうれしくてしょうがない。
今日はキャッチボールをしたいというワガママも聞いてもらった。
海風の中でするキャッチボールは格別だった。
程よくおなかが空いて,砂浜にシートを広げ,お弁当を食べた。
いつものように二人で「うまそう!」って言ったら,
周りから注目を浴びたような気がする…。
阿部君も周りを見回しながら,落ち着かない素振りをしている。
照れたような顔がとってもかわいいと思った。

水平線Ⅱ(2) 

おにぎりを食べていたら,
「お前ってさー、好きなやついないの?」
といきなり聞かれた。
今までそんな話はしたことがない。急にどうしたんだろう。
いるよ。それは阿部君です。…なんて言えるはずがない。
「い,いないよ。」阿部君以外には。
「そっかー。」
阿部君が柔らかく微笑んだ。
そういう阿部君はどうなんだろう。
付き合っている人は多分いない。
高校時代からそんな様子は一度もなかった。
告白されても,断っているみたいだったし。
でも好きな人はいるかもしれない。だから…オレにも聞いたのか?
阿部君に好きな人…。想像するだけで心がモヤモヤとしてくる。
確かめるのが怖いけど聞いてみよう。
「阿部君は?」
「オレもいないよ。」
心からほっとした。
「同じだね。」
今はまだ阿部君の一番近くにいられる。
顔がにやけるのを止めることができなかった。

なぜか阿部君はそれきり黙りこんでしまった。
オレが何か変なことを言ってしまったのだろうか。
「阿部君?」
顔を覗き込んだら,漆黒の目がオレを見返した。
きれいな目だと思った。引き込まれていくようだった。
ずっとこの目を見ていたい。
「オレは,阿部君さえいてくれればいいんだ。」
思わずつぶやいていた。
誰よりも好きだ。世界中で一番。
「オレも三橋がいれば,それでいい。」
思いもかけない言葉が返ってきた。
阿部君の言っている意味とオレが言っている意味は違う。
それがわかっていても,胸の奥がじーんとした。
誕生日にもらった,すごいプレゼント。
目の前の海面に光がキラキラと反射している。
遠くに,海と空を隔てる水平線が見える。
この光景を目に焼き付けておこうと思った。
阿部君のそばにいられない日が来ても,今日のことを
心の引き出しから取り出せるように。



下の記事に拍手ありがとうございます。
えーと、三橋誕に書いたssの三橋サイドです。
(阿部サイドはこちらの下の方をスクロールしてご覧下さい。)
相変わらず未熟な文章ですが;
両片思いになっちゃったv
三橋の方が自覚が早そうな感じがしたので。
阿部は自分のことがわかってないとこがあるような(笑)。

拍手レス 

下の記事に拍手ありがとうございます。
PCのディスプレイがどーにもダメなので、新しいのを注文した。
今のが完全にイカレル前に、届くといいのだけど。

拍手レスです↓

続きを読む