冬コミ 

0963.jpg
0968.jpg

*りんかい線国際展示場駅に貼ってあったポスター、ゆりかもめから見た夕景
冬コミに行ってきました。
ポスターは昨日の一日目に行かれた方から教えてもらったもの。
駅からビッグサイトまですごく混んでいて、整理員の人から
「今日は20分はかかるんですよね~、どうたらこうたら…」
と話しかけられて、なんだかわからないけど相槌を打ちながらやっと到着。
009とおお振りのスペースをゆっくり回って、ほしかった本も入手できた。
おお振りでは初めて行列に並んで『最後尾』の札を持つという経験もした。
009の方たちは本当に皆さん優しい。何かここが自分のホームグラウンドという感じ。
腰の調子を気遣ってもらったり、たくさんおやつをいただいたりした。
あまりお手伝いもできない役立たずなのに。
でも色々な方とお話できて、とても楽しい一日だった。
心残りは打ち上げに参加できなかったこと。
それと西館に数年ぶりに会いたい方がいたのだが、行けなかったこと。
この虚弱な腰め~!でもなんとか行ってこれたのだから幸せだ。
帰りはゆりかもめから夕日を眺めながら、今年も終わりだなとしみじみ思った。
これから帰られる皆さんは、どうぞお気をつけてー。

イラストその133 

009-144.jpg

29の日なので。
起き上がれない時、布団の中で描いたもの。
更新無理と思ったけど、そのまま上げちゃえ~とやけっぱち。
「ジョー…」
「な~に~?」
「ご飯粒ついてんぜ。」
っていうことでよろしく~?



明日は冬コミ。
私の動きを見ていた家族から「行くのは無理だな。」と牽制球が。
治療院で教わった腰痛体操してたら、強い視線を感じた。
球数制限を守らない三橋に、切れる直前の阿部のような視線だー。
わけわかんない例えに萌えてる場合じゃない(笑)。
暮れの忙しい時期に色々ご心配おかけして申し訳ないです。
腰痛に効く薬などもいただいて、明日は8割方行けそうな感じです。
とろーい動きで歩いてるのを見たら、声でも掛けてやって下さい。

後三日 

ぎっくり腰以来やっと起き上がって、そろそろと歩いている。
イブもクリスマスも横になったまま、食事も布団まで運んでもらった。
25日、何か買って来ようかと聞かれて、「アフタヌーン2月号お願い!」
っていうのはどういうものか(笑)。
布団の中で29の日の下書き描いてるのもちょっと…。
(でも29日の更新は多分無理。)
その上『正月は寝て過ごすことになっても、イベントだけは行けないかなー。』
などと考えていることは、家族には言えません。
明日ネットで探した治療院に行ってみることにした。一か八か。

しばらく 

ネット落ちします。
腰痛がさらに悪化したため起き上がれない。
冬コミは行きたい。後5日寝てれば行けるはず。

9巻感想 

腰痛を悪化させてしまった。
治りきらないうちに投球練習なぞしたのがいけない。自業自得。
今度こそおとなしく過ごします。
でも感想だけは叫んだりして。

おお振り9巻感想(かなり長いです)↓

続きを読む

イラストその132(改) 

oohuri22.jpg

oohuri23.jpg

アベミハの日(勝手に)だけど、こんなものしか…。
風邪引いてた時に見てたアニメの1場面。
三橋が相手チームのデータを全然覚えていないので、
阿部が怒っちゃうあれです。
「阿部君が構えたとこ投げるだけだから」と言われて、
うれしいくせに素直じゃない。
三橋が覚えている間、すっごい優しい目で見ているんだ~vv
なのに目が合うと、怖い顔してみせたり。
しょうがないなーv 三橋に阿部の心の声を聞かせてやりたいよ。
ほとんど三橋の事しか考えてないじゃん。
もうそんな阿部が大好きだ!

阿部占いというのをやって笑った。HNでも本名でもツンデレ隆也だった。
『ツンデレ隆也のあなたは、相手のことが好きであればあるほど
強情っぱりになってしまいます。
ほんとは彼とちゃんと一緒になりたいのに、と陰で泣いていても
いざその場に彼が現れるとうっかり胸倉をつかんで罵倒してしまいがち。』

9巻、買いました!早く読みたい!
連休中は、年賀状書きと大掃除とクリスマスの支度をしなければ。
でも感想を叫びに来るかもしれない。
大掃除は1月でもいいか!?(笑)

イラストその131 

oohuri21.jpg

三橋描き練習。
三橋の顔って描くの難しい。口の形とか。
この子の性格はやっかいだけど、はまると中毒になりそう。
阿部のように~vv
明日は9巻発売日だ。うれしい!
秋にコミックまとめ買いしてから、1~8巻まで毎晩
少しずつ読み返していた。もう暗記しちゃったよ。

冬コミ、009とおお振りの配置が近いことに気付いた。
キャッホー、パラダイスー♪



スキャナーが調子悪くて困っている。
明日には直ってくれないかな。

イラストその130 

winter-3.gif

今日は冬らしい寒い日だった。
ジョー一人描いたのは久しぶりな気がする。
なんて描き易いんだろう、ジョーちゃん。
(へただということは横に置いといて)
6年前に平ゼロに出会わなければ、絵を描いてみたいなんて
思いもしなかっただろう。最も苦手な部類のことだったから。
それ以前に、マンガやアニメを見ることもなかったと思う。
子どもの頃に卒業したと思っていた。
009を通じて知り合えた方々とも出会うことはなかったはず。
そういうことを考えると、すごく不思議。

イラストその129 

oohuri20.jpg

三橋の体型は細いけど、ちゃんとお尻に筋肉がある所がよい。
投球動作はお尻の筋肉をしっかり使うので、大臀筋がつく。短距離走も然り。
お尻の形がいい人は、男女問わずかっこいいと思う。
そういう意味では、ジョーもサイボーグになる前から何かスポーツしていたかも。



土日ゆっくり休めたので、もうすぐ風邪は治りそう。
…と思ったら昨日腰がギクッと。泣きっ面に蜂。
でも大丈夫、そんなにひどくない。
起き上がれない時に、おお振りとERと創聖のアクエリオンを見ていた。
何度繰り返し見ても飽きないのは、009とおお振りだけ。今のところ。
アクエリオンは10話まで見た。映像、音楽がいい。
話もおもしろくて、一話ごとにスカッとした感じで終わる。
仲間同士の連帯感が好きだ。
合体するたびに皆、めちゃ気持ちよさそうなのが笑える。
この辺りは大人向きなのかもね。

阿部誕☆ 

3907.jpg

阿部君、誕生日おめでとう!
ケーキを作ってお祝いしました。
一人でろうそくの火をふーっと消して、「おめでとう!」言って、
パチパチ拍手した。ハハ、恥ずかしいなー。
でも阿部が生まれてくれて、本当にうれしかったから。
そして三橋と出会ってくれて、ありがとうv
↓に誕生日ssをアップしました。
へたっぴだけど、気持ちだけは込めました。

風邪からは逃げ切れなかった。
体調悪かったけど、どうしてもお祝いしたくて。
ガンガン寝て、早く治します。

温かな手(1) 

木枯らしに枯葉が舞う季節。今日は定期試験の最終日である。
三橋はやっと部活ができるうれしさにウキウキしていた。
阿部の構えるミットに自分の投げたボールが,心地よい音を立てて
吸い込まれる。その情景を思い浮かべて,頬が緩んだ。
それともう一つ,今日は大事なことがある。
自分のバッグに目をやり,三橋は胸の辺りを手で押さえた。

二週間前のある日,マネジの篠岡から阿部の誕生日を知らされた。
(阿部君の誕生日…)
いつも何かと自分の面倒を見てくれ,支えてくれる阿部。
おめでとうと言うだけではなく,何か特別なことをしたいと思った。
翌日の朝練前,阿部と三橋はベンチに並んで座って,ボール磨きをした。
実は三橋はこの時間がとても好きだ。
三橋は口下手で,何故だか阿部の前に出るとよけいに口ごもってしまう。
入部して半年以上たった今は少しましになったとはいえ,スムーズに
話せない自分が情けなくなる。
でもこうやってボールを磨いているときは,黙ったままでも何か心が
つながっているような,ほんわりとした気持ちになるのだ。
(阿部君の喜んでくれそうな物…)
考えながら阿部の横顔を見つめていると,ふいに阿部がこちらを向いた。
「何?」
「な,なんでもない…」
三橋はあわてて俯いて,ボール磨きに専念するふりをした。
そしてそろそろと今度は阿部がボールを磨く手に視線を移した。
自分のより日に焼けていて,少し骨ばった,大きな手。
いつも自分の投げるボールをしっかりと受け止めてくれる手。
初めての練習試合の前に,自分の手を握り締めて,
「お前はいい投手だよ」「投手じゃなくてもオレはお前がスキだよ!」
と励ましてくれた。あの時の手の温かさは忘れられない。
ボールをかごに入れた阿部が伸びをした。
「よし,これでいいだろ。練習始めっぞ!」
「うん!」

そして,試験週間をはさんで今日12月11日が来た。
三橋はバッグに入れたプレゼントをいつ阿部に渡そうか,朝から悩んでいた。
午後の練習前に皆口々に阿部にお祝いの言葉を掛けた。
三橋もそうしたのだが,その時に渡すことはできなかった。
皆の前でプレゼントを渡したとしても,バッテリーを組んでいる仲だし,
何も意識することはないはずなのだが。
なんでこんなにドキドキしてしまうのか,三橋自身にもわからない。
結局そのまま練習が終わり,暗い中を皆で自転車を押して歩いていた。
「じゃあなー」「明日なー」
分かれ道で人数が減っていき,最後に阿部と三橋と田島の3人になった。
通学時間1分の田島だが,三橋とは天然同士気が合うので,
しゃべりながら最後まで一緒にいることも多い。
このままだと阿部が先に帰り,二人になる機会はないだろう。
この時点で三橋はあきらめていた。
元々,自分があげた物を,さらに言うとプレゼントという行為自体を
阿部が喜んでくれるか自信がなかった。
だからこれでいいんだと思った。
後ろ向きな考えが癖になっているのが三橋という人間だった。

温かな手(2) 

その時突然,田島が心配そうな声を上げた。
「三橋,どこか具合悪い?」
その言葉にびくっと反応したのは当の三橋よりも阿部の方が早かった。
「三橋,どうかしたのか!?」
「う,え?」
「気分悪そうなんだよ。風邪でも引いたんじゃないの?」
すばやく自転車のスタンドを立てて,そばに来た阿部は
三橋の額に手を当てた。
「熱は…ないな。手ェ貸せ。お前,随分手が冷たいぞ。気分悪いのか?」
「だ,大丈夫。何ともない」
「阿部,心配なら三橋んちまで送ってやった方がいいんじゃん?」
「そうだな」
「じゃあなー,三橋。しっかり寝て治せよ~」
田島は引き返しながら,つぶやいていた。
「だって,あいつ阿部の方チラチラ見ながらため息ばっかりついてんだもんなー」

「本当に具合悪いとこないんだな?」
「うん」
「試験で寝不足ってことは?」
「ない,よ。阿部君が勉強,見てくれたから,あわてずにすんだ」
「そっか」
「あ,阿部君!」
三橋が立ち止まった。
「さ,寒いから…」
「おまっ,寒気がするのか!?」
「ち,ちがくて。寒い季節だから…」
ごそごそとバッグを開けて,スポーツ店のロゴが入った袋を阿部に渡した。
「これ,使って下さい」
受け取った阿部が袋から取り出したのは,バッティンググローブと
シックな色合いの温かそうな手袋だった。
「オレに?」
「阿部君,今日,誕生日だ,から…」
目を見張ってからうれしそうに笑う阿部を見て,三橋は渡せてよかったと思った。
「ありがとうな。バッティンググローブぼろぼろになってたんだ。
 手袋も後で使うよ。…でも今はお前がこれはめてけ」
「ええー,なんで!?」
「さっき手ェ冷たかったもん,お前」
お前使え,阿部君が使って,とさんざん言い合った後,
二人で片方ずつはめることにした。三橋の右手と阿部の左手。
ボールを投げる手と受ける手に,分け合った手袋。
夜空にはオリオン座がくっきりと輝き,本格的な冬の到来を告げていた。
それでも手も心も温かい。二人はゆっくりと歩いた。
三橋の家に着くまでもう少し時間がかかればいいと,同じ事を思いながら。



今度は苦労する田島君…。ワンパターン?

風邪蔓延中 

自分以外の家族が皆風邪引き中。(一人は発熱)
どこまで一人で逃げ切れるか。
すでにちょっと来ている感じはするのだけど、無視している。
親が柚子と聖護院ダイコンを送ったというので、心待ちしている。
自分的風邪予防の食品です。

明日は阿部誕だし!
最近おお振りサイトさんも少しだけど回り始めたので、楽しみだ。
私もささやかにお祝いしますv

音楽とか 

音楽に惹かれて、『創聖のアクエリオン』を2話まで見てみた。
結構おもしろかったので、もう少し見てみようと思う。
あのOP曲は菅野よう子さんだったんだ!
菅野さんの音楽はすごく好きだ。
攻殻機動隊のOP曲も全部好きで、繰り返し聞いたものだ。

音楽といえば、私はユーミン、サザン、オフコースを聞いて育った
世代です。(年がばれますねー。)
オフコースには相当はまった。人気が出る前からのファンだった。
今でも好きな曲NO.1は『眠れぬ夜』。
松任谷さんも桑田さんも小田さんも、未だに活躍しているところが
すごいと思うし、うれしいものです。

ラジオドラマ『ポーの一族』第8話↓

続きを読む

紅葉 

0938.jpg
0944.jpg
0954.jpg

平地もだいぶ紅葉が進んだようなので、鎌倉まで行ってみた。
小町通のソーセージ屋さんでホットドッグセットを食べたり、
おやつにクレープを食べたり。
八幡宮のモミジや大イチョウはきれいだったけど、
まだ真っ盛りではないようだ。この辺はあまり寒くならないから?
今日は行けなかったけど、北鎌倉の方がきれいかもしれない。



紅葉と関係ない話だけど、自分の言葉遣いがちょっと気になる。
つい男言葉が出る。家で特に。
中学のときに流行ったというか、友人の一人が男言葉だったからかな。
平ジェットとか阿部みたいな言い方を平気でしてしまう。
ここを見て下さるようなお知り合いは、みんな年齢関係なく自分より先輩と
思っているので、なるべく丁寧な言葉遣いを心がけている。
でもふと「てめえー」とか「~してんじゃねえよー」とか出てしまったら、
ごめんなさい。引かないで下さいー。

イラストその128(改) 

oohuri19.jpg

阿部描き練習。
うちのスキャナーは何故か原紙より縦長に読み取ってしまう。
だから、下書きを横長に(太った感じに)描かなくちゃいけないのが不便だ。



昨日の野球の韓国戦、すごい試合だった。
執念と執念のぶつかり合い。手に汗握る展開。
星野ジャパン、全員かっこよかったー!
『阿部』は今日もよく打った。捕手やりながら、5番として活躍するなんて偉い。
後で「この場で寝れるぐらい疲れた。」と言っていた。
(あの場で寝たら三橋みたいだから・笑)
継投した投手達もピンチを見事乗り切って、みんなに惚れちゃったよーv
今日の台湾戦、勝ってオリンピック出場を決めてもらいたい!

やったー!勝った!おめでとうー!
3日間質問しながら見ていたので、野球のルールだいぶ覚えられたー。

野球とか 

野球のオリンピックアジア予選で『キャッチャー阿部』、活躍していましたねー。
「キャッチャー阿部のミットが動きませんでした。」なんて聞くと、にやけるv
コールド勝ち。国によって、随分レベルが違うんだなと思った。

ラジオドラマ『ポーの一族』第7話↓

続きを読む