イラストその5 

chain.gif

一話でイワンが「その鎖を自分達の力で強い絆に変える事だって
できるかもしれない。」と言っていたのを思い出す。
彼らがサイボーグになって失ったものは大きいけれど、
だからこそすばらしいものを得たと信じたい。



今日で九月も終わり。
好きなサイトさんが閉鎖されるのはとても寂しいです。

009と私(4) 

今日はどこ落ち記念日。(勝手に命名)
三年前の今日、朝からそわそわ落ち着かなくて、
いても立ってもいられないぐらいだったのを思い出す。
さて、009と私、どこまで語ったんだっけ。新ゼロまでだった。



そして大人になり、長い年月がたった。
相変わらずアウトドア寄りな生活を送っていたが、
カラオケで旧ゼロ主題歌を歌ったりしたこともあった。
新聞で石ノ森御大の訃報を知ったときはショックだった。
しばらくして、携帯のCMで旧ジョーが「もしもし
こちら009。」って言っているのを見て、びっくり。
なつかしかった。
そのうち、情報誌で平成版の009が放映されることを知った。
原作のヨミ編もやると書いてあったので、うれしくて
仕方がなかった。
第一回放送日、ビデオもスタンバイさせて見入る。
そしたらなんですか、あの第一話は~!
オープニングもかっこいいし、息をもつかせぬ展開。
最後の「僕は…」から『009』とつながる流れは鳥肌が出るほどv
見終わって呆然となり、別の部屋にいた家族に、
「原作絵が動いていたよ~!」と言ってしまった。
(家族は009知りません。)
一話は何度見てもすごい。なんでジョーがあんなにかわいいんだ~!
原作に近い絵で、への字口もそのままだけど、
かわいさがパワーアップしている!
なんであんなにわーわーさわいでいるんだ~!
声が素敵過ぎる少年声。完全に落ちました。
他のキャラもみんなかっこいい。
ジェットが「どこに落ちたい?」って、ああそのセリフは~。
ハインリヒも男前で声が渋いし。フランソワーズが石ノ森美人だし。
イワンも黒いけどかわいい。ジェロニモの声もいい。
グレートも張々湖も原作っぽい。ピュンマはあれ?原作より
かっこいい?ギルモア博士の声は優しげでいい。
以上、やけぼっくいに火をつけた平ゼロとの出会いでした。

横須賀市内(2) 

1519~00.jpg

1538.jpg

所用の帰り、くりはま花の国に寄って来た。原作の「久里浜少年鑑別所」の久里浜。(でも元々鑑別所はない。)閉園間際で人もまばら。黄花秋桜は満開で、普通の秋桜は八部咲き程度。ここはアスレチックもあって、遠足も多い。だから平成ジョー君もきっとv 

横須賀市内(1) 

1146.jpg

1157.jpg

今日は横須賀自然・人文博物館に行ってきた。
ナウマン象の化石とかペリー来航の資料とかがあった。
この写真の「縄文時代の暮らし」の説明に、
『縄文時代は服を着ていたが、どんなものかわからないので、
裸にしておいた』とか書いてあって、笑ってしまった。
平成ジョー君は横須賀育ちだから、きっとこういう所に
社会科見学に来たに違いない、とか妄想してしまう。
ということで、これから時々横須賀市内の写真をアップしようと
思っています。(やっぱりおばかだな。)

イラストその4 

smile.gif

稚拙な絵で恥ずかしいけど、自分の中の29のイメージ。
18歳同士(平ゼロ)、一度打ち解けたら日常の中で
仲良くしているところを見たいなあと。

プラネタリウム 

inseki.jpg

横浜こども科学館に行ってきた。写真は本物の隕石。
子ども向けの化学実験が結構おもしろい。
プラネタリウムが大きくて立派。
お台場の日本科学未来館のも見たいのだが、いつも満席で残念。
星空というと、ヨミ編ラストをつい思い浮かべてしまう。

アニメランキング 

今日やってた「好きなアニメランキング100」で、
サイボーグ009が84位に入っていましたよ!
旧ゼロの絵と音楽だったけど、新も平も含めてって
ことなのかなあ?

イラストその3 

009-angel.gif

ジョーは天使のようだと思って。
幸せとは言えない生い立ちなのに、どうしてああいう性格に
なったんだろう。ちょっと不思議。

ショック 

そうか、そういうことか。
ヴィジュコン、DVDになったら、一時停止しながら
じっくり見ようと思っていたのに。
趣味にあの金額は出せない。
それに私はサイボーグ009のファンであって、
他の作品を買いたいとは思っていないし。
完全に脱力…。

009と私(3) 

青春時代はスポーツに打ち込んでいたこともあり、
マンガやアニメからは遠ざかっていた。
そんな時また009のテレビアニメが始まることを知り、
なつかしい思いで見始めた。新ゼロですね。
しかし当時は「原作と違う~」という気持ちが先立ってしまい、
途中で見るのをやめたような気がする。
絵が違うことや、原作の話がほとんど使われていないということで。
アニメを見なくなっていたことも関係あると思う。

でも今見てみると、新ゼロ、結構おもしろい。
オープニングとエンディングはなんとなく覚えていた。
一話はなんなの~とあきれるぐらい29がくっついている。
出発するときのあの息の合い方!9がちょっと振り向いて、
2が抱えるのを待つところなんて、長年連れ添った夫婦のようだ。
夫が目線をちょっと動かすだけでさっとお茶が出てくるあの感じね。
(変なたとえだ)
戦いの最中もかばいあっているし…見ているこっちが恥ずかしい。
誰のせいで(おかげで?)一話はああなったのか。
後、「カジノ攻防戦」もなかなか素敵だ。
新ゼロは、お着替えがいっぱいとか、突っ込みどころ満載とか、
どうもそんな視点で見てしまう。

成長 

TVの「ドラゴン桜」がなかなかよかった。最終回がちょっと泣ける。
現在の学校制度は生徒の求めるものを与えず、いらんものばかり
提供しているのではないかとか考えさせられたりした。
まあそれは置いといて、人が成長していく姿を見るのは気持ちがいい。
平ゼロもジョーが最初から最強っぽくなく、とまどったり、悩んだり
しているのに好感が持てた。
仲間に助けられながら成長していく…一人の少年の成長物語として
見ることもできると思う。

イラストその2 

color-gif.gif

なんとかお絵かきソフトが使えるようになった頃の絵。
背中合わせの構図が好きだ。
黙っていても、お互いの背中の温かさを感じながら、
安らいでいるような感じ。

昨夜の月 

気温の変動についていけなかったらしく、二日ほど軽く
熱を出していた。もう大丈夫そう。
去年の秋は二ヶ月近く風邪が治らなくて、予定していた
石巻旅行に行けなかった。(その代わりに冬、ヴィジュコンを
やっていた時に行けたからよかったが。)
その時やけになって家族に言い放った一言は、
今思うと大人としてどうか。
「こんなに体が弱いんだったら、石巻を一目見てから死ぬから!」
…ただのおばか。反省してます。

昨夜は満月がとてもきれいだった。双眼鏡を出してきて、
表面のごつごつまでしっかり見た。

旅行記 

今年一月に行った石巻旅行記をアップしました。
随分前の話ですけど。(1)~(6)まであります。
(5)はヴィジュコンのネタバレが嫌な方は
飛ばして読んでください。

また行きたいな、石巻。
中田町のふるさと記念館にはまだ行ってないし。
どちらかでまたヴィジュコンやってくれるといいのだが。
それを見るだけでも行く気になる。
それにしてもDVDで出す気はないのだろうか?

石巻の思い出(1) 

702.jpg

703.jpg

704.jpg

*写真は三枚とも仙台駅のコインロッカー

○日程
一日目 7:56 東京発東北新幹線こまち3号 →9:37 仙台着 →
     10:10 仙台発仙石線マンガッタンライナー →11:11 石巻着、萬画ロード散策
     →11:40頃 萬画館着 →009大展覧会 →12:20 ブルーゾーンにて昼食
     →13:00 ヴィジュコン鑑賞 →13:15 続けて竜神沼鑑賞 →
     13:30 再び009大展覧会、常設展、→ 15;00 再びヴィジュコン鑑賞 →
     15:15 続けて赤頭巾ちゃん鑑賞 → 15:30 ライブラリー →
     16:00 からくり時計鑑賞 →16:10 墨汁一滴で買い物
     16:55 萬画館を出る → 17:18 石巻発マンガッタンライナー →
     18:39 仙台着 →駅前のライブラリーホテル泊(夕食は牛タン利久)
    
二日目 8:02 仙台発東北本線 →9:18 石越着、バスでふるさと記念館へ…
     のつもりだったが、東北本線が強風のため、松島駅で停止、
     急遽徒歩10分ほどの仙石線高城町駅に乗り換えて、石巻に向かう →
     10:15ごろ 石巻着 →10:40ごろ 萬画館着 →また展覧会、常設展など
     →13:00 三度目のヴィジュコン鑑賞 →墨汁一滴で買い物 →
     13:30 萬画館を出て、蒲鉾屋さんへ →14:19 石巻発マンガッタンライナー
     →15:40 仙台着 →16:02 仙台発東北新幹線Maxやまびこ190号(車内で 
     うに飯弁当) →18:12 東京着

石巻の思い出(2) 

708.jpg

711.jpg

712.jpg

*写真はマンガッタンライナーの天井と側面

○マンガッタンライナー
仙台に着いて、仙石線に向かうところに009のコインロッカー(300円)があります。
ジョーの顔のところに荷物を入れたのですが、故障していたので、駅員さんを呼ぶ羽目に。
みんながここに入れるので、消耗が激しいのではないかと思われます。
ホームに降りると、まもなくマンガッタンライナーが!ロボコンばっかり!?
走っていくと最後尾にやっと009の車両が。原作初期風のジョーが非常に
かわいらしいです。ジェットの鼻がちょんぎれているのは、ご愛嬌。
中に入って、ぐるりと見回すと、いたいた、天井に初期ジョーたんが!
壁にもナンバーズや敵キャラがいっぱいです。
ジョーの真下でカメラを構える私の周囲半径3mに、人がいなかったのは、
偶然だと思いたい…です。
ロボコンのアナウンスを聞きながら、一時間ちょっとで石巻に到着です。
マンガッタンライナーは下り(行き)はこの10:10発だけ、上り(帰り)は
17:18発、14:19発の二本ありました。私はその三本とも乗っています。

石巻の思い出(3) 

719.jpg

731.jpg

732.jpg

*写真は上から、石巻駅の構内、駅舎、マンガロード入り口のモニュメント

○石巻の町
石巻駅がすごいんです。ホームに009乗車口はあるは、垂れ幕に
「遅かったな」「待ってたぞ」「見所いっぱいだ!」などど叫んでいるナンバーズ。 
帰りに裏側から見ると、「まだここにいて!」と泣き叫ぶ女の子。
構内からも入れる「えき」という喫茶店にも絵があるし、
改札口の横には、9,3,1が立っています。これがまた瞳が美しいんです!
赤子を抱く妻を守る夫のようには…見えないな。
駅舎を出て振り返るとやつがいる。片手を突き出して飛んでいる
鼻の長い彼が!非常に目立っています。
ちょっと先にはおしとやかなポーズのお嬢さんがいます。
駅の周りのお店に張ってある、妙な顔のナンバーズには笑うしかありません。

さてさて、お目当ての彼は?まっすぐ先になにやら…。
どきどきしながら近づいていくと、交差点にいましたよ!
しばし見詰め合ってしまいました。
「やっと来てくれたんだね。」という声が、聞こえるはずありません。
撮影タイムを終え、そこを左折して漫画ロードを歩きます。
一月と思えないほどのぽかぽか天気で、のんびり一人歩き。
お店の窓やシャッターやのぼりに、なかなか素敵な絵や、
素敵過ぎて吹き出してしまうような絵がいっぱいでした。
後二回ほど曲がって15分ほどで、萬画館に付くはずだったのですが、
写真とりまくりの上、道を間違えたりして、結構時間がかかりました。

帰りは、閉館ぎりぎりまでお買い物をしていたせいで、小走りで
通りましたけど、最後にジョーのブーツに手を当てて、お別れの
挨拶をすることは忘れませんでした。これで当分お別れのはず
だったのですが、翌日もまた来ることになろうとは…。

石巻の思い出(4) 

749.jpg

752.jpg

753.jpg

*写真は上から、002ドッグと私の王子様サンド、竹宮恵子の色紙、男前なジェット

○石ノ森萬画館
銀色に輝く宇宙船のような外観です。
入り口前に仕掛け時計があって、毎時ちょうどに色々なキャラが
降りてきます。ジョーもしゃべってくれます。
入り口横にロッカーがあります。そこの絵も素敵です。
中に入って入場券を買い、パンフレットをもらいました。

一階は墨汁一滴というグッズ売り場です。キーホルダーや
マグカップやノートやお菓子や…もう009がいっぱいで、
夢心地でした。気がついたら、山のように買ってしまっていました。
買いすぎ…でも後悔はしていません~!

一階と二階の間に映像ホールがあります。
ここでヴィジュコンと龍神沼とあかずきんちゃんが上映されます。
龍神沼とあかずきんちゃんの前に、御大の人形と映像のジョーの
やりとりがあります。ジョーが二回うなずくのがかわゆいv
声が大人っぽいのにちょっと違和感がありますけど。

二階に常設展示室と企画展示室があります。
今回の企画は009の40周年記念展で、御大の原画が壁いっぱいにたくさん
貼ってありました。ヨミ編ラストも!その後の連載再開まで二ヶ月だったのか
とか、色々考えながらじっくり見ました。
紺野さんの原画もあって、一話の最後、輸送機内で、ジョーが
「ぼくは…」と言っている場面の絵、そこに鉛筆書きで、「ここは主人公の
顔してください」と書いてあるのを見て、激しく萌えてしまいました。
ええ、主人公の顔してましたとも!!あの顔見て、落ちたと言えるぐらい!
そのほか、スクリーンで怪獣戦争と超銀と平ゼロの紹介もしていました。

常設にも原画が少しあったり、三つの脳があったり、ジェットに乗ったり
できるのです。 ジェットはとっても男前ですv 乗ってカードを入れると、
風がひゅ~と吹いてきて、ニューヨークを出発します。
「しっかりつかまってろよ!」と大人なジェットに言われて、だんなにしたいと
思いました(笑)。「おっと宇宙まで来ちまったぜ。」も良かったです。
そして、ここ石巻の萬画館に帰ってくるわけですが、ナンバーズ全員でお出迎えです。
まん中でジョーが片手を挙げて、「やあ、002!早かったな。」とか言うんですよ。
わーいわーい(大喜び)!
あと床にライトがあって、5番目のライトを踏むと「かそくそーち!」の声が。
喜んで踏みまくりました。

三階のライブラリーにはたくさんの本があります。
壁に色々な漫画家の描いた009の色紙があって、竹宮恵子と
いがらしゆみこと一峰大二のが素敵でした。
その横に、カフェ「ブルーゾーン」があります。
有名な002ドッグと私の王子様サンドを注文しました。
並べてしばしにやついた後、写真撮影。

石巻の思い出(5) 

746.jpg

747.jpg

756.jpg

*写真は萬画館のコインロッカーとからくり時計

○ヴィジュアルコンセプト
さて!ヴィジュコンです!10時、1時、3時にあります。
二日間で三回見たのですが、内容に記憶違いがあるかもしれません。

登場人物のセリフは一切ありません。
効果音とBGMと野田圭一さんのナレーションだけです。
それがすご~くいいのです!
映像も精密で、奥行きがあって、こんな感じで映画を作ってくれれば
いいのに~!と思ってしまいました。
絵もとってもきれいで、平ゼロよりさらに原作に近いと思いました。
線に迫力があり、いかにも手作りといった感じです。

まず、びゅーびゅーと風の吹きすさぶ荒野が映し出されます。
ず~っとカメラが右に動いていきます。倒した敵の残骸の上に、
一人後ろ向きに立つジョー。ばさっばさっと風になびくマフラー。
ジョーが振り返るにつれて、大写しに。瞳から涙があふれ、きらきらと輝きます。
ああ~、なんて美しい涙なんだ~! 
ナレーション「ジョー、君は何のために闘う?」画面は英語で(忘れた)。

それから平ゼロの紹介になります。ジェットが人を刺すところとか、クビクロとか、
ヨミ編のボグートやスカールやヘレンやビーナも出てきます。
29が流れ星となる場面も!スピーディーすぎて、もったいないぐらいです。
もしDVDで出たら一時停止しながら、じっくりみたいものです。

そして、荒野のがけにいる00ナンバーズ。
これは平ゼロ一話の脱出時と似ているように思います。
敵の戦車や兵隊、さらに巨大ロボットが!
全員で特長を生かして闘いながら、一人一人が大写しになり、
プロフィールが紹介されます。文字がぴぴぴっと打ち込まれます。
4はすごい男前でしたv 2との絶妙なコンビネーション!
7,6はギャグっぽい紹介で(お約束)。
3は超聴視覚、5は怪力、1は超能力を発揮しているところを。
8は原作調だったような気がします。2は下まつげが目立っていました。
9はもちろん加速装置です!カチッとスイッチを入れるときの顔が、
めちゃめちゃかっこよかった!平ゼロの時以上に美人でした。
原作調への字口に見惚れてしまいました。
巨大ロボットに向かって加速装置で走っていく時に、カチカチカチという
音がするんですけど、何の音だろう?
ロボットをかけのぼってジャンプしながら攻撃します。
そこへ2が飛んできて、後ろから抱え抱き!
さらに4がひざミサイルで、ロボットにとどめをさします。
その間、空中で2は9を抱えたままです。

敵の残骸の上に9人集合(最初の場面からつながると思われます)。
後ろ向きです。そして、全員ゆっくりと振り向いてこちら側に歩いてきます。
ジョーはうつむいたまま。「CYBORG009 REBIRTH」の文字が出ます。
闘うことの悲壮感が漂うラストでした。
一回目に見たとき、途中からかなりあやしかったのですが、
最後に、ナレーター 野田圭一、監督 紺野直幸 と出るころには、
つい涙が…。場内が暗くてよかった。
その後DVDボックスのCMが流れるのですが、心の中で
「櫻井さん、その『かそくそーち!』の言い方は違うだろ?」
と突っ込む冷静さは保っていました。

石巻の思い出(6) 

757.jpg

760.jpg

765.jpg

*写真はマンガロードのジョーのモニュメントと買ったお土産

○その他
今回私は翌日石越に行くことを考えて仙台泊りだったのですが、
接続がよくないのですが石巻に泊まるのもよし、途中の小牛田に
泊まる方もいるようです。
二日目、列車が強風で止まるというアクシデントはありましたけど、
電車の中で石ノ森章太郎FCの会員さんとお話できたり、
駅まで地元の18歳男子に道案内してもらったり、色々親切にしてもらいました。
萬画館近くの蒲鉾屋さんの「サイボール009」が売り切れで
しょんぼりしてたら、店員さんがパッケージとシールをくれたし。
こゆいこゆい二日間でした。

イラストその1 

20050915152835.jpg

二年半ぐらい前からイラストを練習し始めた。
最初の頃のものなので、髪型が変。
しかもお絵かきソフトの使い方がわからなくて、色鉛筆描き。
それまでに全く絵を描いたことがないから、こんなもの。
愛だけはあるのだけど。ジョーには防護服が一番似合うと思う。

コミックバトン 

  hondana.jpg

七海まりえさんから回していただきました。
コミック好きは子どものころで青春時代は離れていたため、
今また009にはまり直すまで、途中が抜けています。
だからあまり知らないのですよ~。

1.あなたのコミックの所持数は?

 本棚に77冊(うち009が51冊)、段ボール箱に19冊、
 合計96冊です。

2.今読んでいるコミックは?

  え~と、特にないような…。009の同人本を繰り返し
  読んでいるだけで満足しているので。
  でも待合室などで「陰陽師」とか「ゴルゴ13」があると
  読んだり、家族の持っている「魁!クロマティ高校」も時々。
  「光とともに」も単行本が発売されると買います。
  …今読んでいるとは言えないか。

3・最後に買ったコミックは?

  攻殻機動隊(2)とPLUTO(1)(2)、三冊同時に
  買いました。

4.よく読む、または思い入れのあるコミックは?

  古いものばかりです。

  ・石ノ森章太郎「サイボーグ009」
  言わずもがなという感じもありますが…。
  子どもの頃、誕生編~ヨミ編まで読んではまりました。
  平ゼロが始まってから、それ以降を読みました。
  仲間同士の友情、チームワークがたまらなく好きです。
  主人公、かわいすぎです。

  ・萩尾望都「ポーの一族」
  吸血鬼一族の、時代を超えた壮大な物語。
  3巻「小鳥の巣」は何十回読んだかしれません。
  大人になる前に迎えに来て吸血鬼の仲間に
  入れてほしいと思っていたような気が…。

  ・竹宮恵子「空が好き!」
  天才詐欺師の少年と警察署長の息子との交流。
  2巻の軽妙な感じが好きです。

  後、「エースをねらえ!」「野球狂の詩」などスポーツものも
  好きでした。
  
  5.バトンを渡す5名

  すみません、アンカーということでお願いします。

続編 

daigakuimo.jpg

大学芋がおいしく出来た♪蜜の煮詰め具合がよかったみたい。
秋は食べ物がおいしくていい。
だけど、今週で009のアニマックス再放送が終わってしまった。
DVDもビデオも持っているけれど、時々見ていたのです。
また再放送しないかなあ(まだ見る気)。
というより、続編作ってほしい。完結編より続編。
いや完結編も気になるけど、なんだかわかりずらくて。
どこ落ち後から始まるシリーズってどうだろう。
もう一回誕生編からヨミ編まで作ってくれてもいい。
原作にまだ使ってない話とかたくさんあるし。
待っているから。おばあさんになっても見るから。
でもそれまで寂しいので、できればもう少し早めでお願いします。

昨日の空と今日の空 

kinou.jpg

kyou.jpg

昨日は恐ろしいような雲が空を覆って直後大雨になった。
今日は快晴。写真には入ってないが、青空に白い半月。
空を見上げるのが好きだ。昼でも夜でも。



昨日久しぶりに009関連のTVを見たわけだが、
7月30日のアド街ック天国でもちょっとだけ出ていた。
池袋西口特集で、祥雲寺という所に御大の墓があるとのこと。
最寄り駅は有楽町線の要町駅。009のキャラクターが
描かれた石碑があるそうだ。

万華鏡 

009大展覧会で「ヨミ編はレイ・ブラッドベリの『万華鏡』に
インスパイアされたものである」と書いてあったのを見たので、
取り寄せて読んでみた。
ブラッドベリは高校生ぐらいのときに結構読んだっけ。
似ているのは最後の所だけという印象を受けた。
流れ星になった宇宙飛行士を少年と母親が見て、願い事を
する、というところだけ。全体に孤独でむなしい感じ。
ヨミ編のどこ落ちの方が好きだな。一人じゃないし。
悲しいけれど、感動する。なんでこんなに魅かれるのだろう。
自分にはないものだから魅かれるのかな。
『万華鏡』はもう絶版なので、古本で元の三倍の値段でした。
なんてことだ。

今日夜7:45~55、NHK教育見なくては。御大のことを
取り上げているらしい。



NHK見たところです。
009の絵がたくさん出てきた~♪
御大がジョーを描いているところが見られた!!
「大きな夢を描きたい。」「人間を描きたい。」
とおっしゃてたなあ。
60歳で亡くなったのが惜しまれます。

009と私(2) 

過去話がしばらく続きます。

旧ゼロの記憶はほとんどなかったので、本当に好きになったのは、
原作に出会ってから。
単行本を偶然手に取ったのかどうか、記憶が定かではない。
子どもの頃萩尾望都が好きだったので、萩尾氏がファンであると
いうことをどこかで見聞きしたからかもしれない。
ちなみに竹宮恵子もファンだったらしい。(萬画館に竹宮氏の
色紙があるものね。)
それで秋田書店の1~6巻を見て、が~んときてしまった。
00ナンバーズがサイボーグになったいきさつが興味深い。
ジェット、ウエストサイドで踊ってるよ~。
ジョーは久里浜鑑別所から脱走したときはオレ呼びだったのに、
改造後はぼく呼びに。何で?
原作初期の絵はかわいくて好き。フランがかわいらしい。
ジョーが新幹線の屋根に飛び乗って「わあやっぱりすごいや」は
かわいすぎ。
ヨミ編は全部好きです。どこ落ちの場面はもう神業としかいいようが
ない。作者がこれをいつの時点から考えたのかが知りたい。
サイボーグものを書こうとしたときからなのか、書きながらなのか。
その後も009が続いていることは知っていたけど、
一切手に取らなかった。もうこれはここで完結しているとしか
思えなかったから。
(だからそれ以降の原作を読んだのは、平ゼロが始まってから。)

しばらくしてから、旧ゼロ上映会のことを知り、友人とお茶の水
まで見に行った。どこかの会館で、もっと大きいお姉さん達に
囲まれながら、延々と見続けるわけです。全部じゃないけど。
オープニングとエンディングも省略しないので、何回も。
だから、主題歌の記憶はこの時のものかもしれない。

こんなに好きだったのに、この頃は好きな漫画No.2でした。
一番だったのは萩尾望都「ポーの一族」。

このペースで書いていると、すぐネタが尽きそう…。

リンクフリー 

メールで応援してくださった方々、ありがとうございます。
いつまで続けるかわかりませんが、そんなんでよければ、
ご自由にリンク貼ってやってください。
色々不慣れなもので、何か不手際がありましたら、
教えてくださいませ。

009と私(1) 

過去の話と今の話をまぜこぜに書くことになりそう。

サイボーグ009との出会いは、小さい頃見た旧ゼロです。
でも内容はまったく記憶になくて、主題歌だけ覚えている気がする。
今見た感想としては、やっぱりオープニングはかっこいい!
one,twoって数えるのも、009がポーズしているところを
カメラがぐるっと回る感じも。
車に飛び乗って、急発進する「キュッ」って音も。
でもあのオープニング、最初以外は9ばっかり。
まあ旧ゼロはヒーロー全開で、2、4、5、8はどこに行っちゃった
の?って位でてこないけれど。
最終回のどこ落ちもどきはちょっと笑っちゃうけど、ジェットの
「よう、久しぶり!」とジョーの抱きつきがかわいい。
『戦争反対』という主張が一貫していて骨太な感じ。
写真は、大きくなってから見に行った旧ゼロ上映会で買ったはがき。

kyuuzero.jpg

99の日 

本当は昨日のうちに始めることはできたのだが、
今日にしたのは、いい日付だから♪
さてこれからどうしよう?(考えてなかったのか)
絵もssも人に見せるほどの物は書けないし。
まずは009と自分との出会いから書くかなあ。
でも絵は初心者だけど、今まで描きためていたものがあるので、
少しずつ出すと思う。掲示板に投稿したのが多いです。

まだまだ蒸し暑い。バービカンでも飲もう。
去年の夏買ったのが、まだ残っている。
80缶以上買って一人で飲んでいるから仕方ないか。
携帯から応募したのも当たったし、後で萬画館でも買った。
それでもピュンマが出なくて、トレードしてもらったんだった。
なつかしい、○イエーに通った去年の夏…。

はじめまして 

ブログ始めました。
サイボーグ009のことを中心に書くと思います。
言いたいことを言い尽くすまでの期間限定になるかもしれません。
不慣れなものでしばらくはコメントやトラックバックを受け付けない
ように設定しています。
どうぞよろしくお願いします。