今日はポカポカとか嫌いでもいいとか 

180312DSC_0002ビオラ
180312IMG_8020アセビ
180312IMG_8021ユキヤナギ

今日は久しぶりに天気が良くてポカポカだった。
ビオラがますます広がって、アセビやユキヤナギが咲きだした。

4つ下の記事で「ダメなやつのままで生きてく覚悟を決めた」と
書いたことに関連して、思ったことを少し。

母親を嫌いでもいいんだな~と思ったら、
心の重しが取れた気がする。

小さい頃は親がいないと生きていけないと
思ってたから、本能的に好きでいようと
したのかもしれない。
大人になってからは、母親が嫌いな人間って
ダメな人じゃないか?という不安から
何とか好きになろうと努力していたような。

でも本当は物心ついたころから嫌いだったんだろう。
もう母親が嫌いなダメな娘でいい。
向こうが私をどう思っているのかはどうでもいい。
嫌いな人のことをずっと考え続けているのは
人生がもったいない。

嫌いな食べ物が突然好きになるようなこともあるから、
これからどうなるかはわからない。
でも今は嫌いな人や物からは離れて、
好きな人や物を大事にして生きていこうと思った。

自己責任とか暴言とか 

170630IMG_7081ツマグロヒョウモン

画像は昨日撮ったツマグロヒョウモン。
羽を開いたり閉じたりしていた。

弱虫ペダルのアニメ3期が終わった。
4期早く来ないかな~。待ち遠しい。
好きな子いっぱいいますが、無口な青八木君、タイプです^^。

年少の者は梅雨になってから、気分が悪そうで、よくうなっている。
悪さも再開しているようだが、「100%自己責任で」とだけ言っている。
また、おもしろそうに悪さの話をされるのは嫌な気分になるから、
やめてほしいと言っておいた。

連日報道されている暴言議員、録音された音声を聞くと、
私の母と似ていて、心がちくっとする。
(今は関わっていないので、普段はほぼ忘れている)
仕事上では鶯のようなきれいな声を出すが、
スイッチが入ると暴言が止まらなくなる。

あの議員も私の母も、ああいうふうにしか生きられないのだろう。
生まれつきの性格なのか生育環境なのか他の理由があるのか、
全くわからないけど。
誰が悪いということではないと思う。
また、かわいそうとも思わない。

ただ、暴言を浴びる(浴びた)側が、断固としてそれを拒否し、
自分の身を守るのは当然のこと。
そこが勇気の出しどころだ。

朝顔の双葉とか断捨離で得たものとか 

170618DSC_0003.jpg

画像は今日撮った朝顔の双葉。
種をまいたら、3日ぐらいで芽が出てきた。

最近卓球場へは自転車で通っているので、
雨が降る前に帰れてよかった。
攻める気持ちを常に持とうと思っているが、
いつも強打じゃなくてもいいんだよね。
相手の打ちにくい所を狙うというのも
攻めるということだ、と当たり前のことに気づいた。

今日は断捨離作業はお休み。
たまには休まないと疲れる。
これはいる、これは捨てるという選択を繰り返しているうちに
心も同じなんだよな~と思い始めている。
社会(特に親)から無意識に引き継いだもののうち、
いらないと思ったものを捨てることが、
生きづらさを解消する大事な要因になると思う。
合わないものは合わないのだ。
後生大事に取っておく必要はない。
現在の親との関係をどうこうすることは
あまり重要ではない気がする。
自分の心ひとつで人生は変わる。
最近の心の軽さはここから来ているのだろう。

花いっぱいの春とか許せたとか 

170403DSC_0002.jpg
170403DSC_0003.jpg
170403IMG_6484.jpg
170403IMG_6488.jpg
170403IMG_6492.jpg

画像は今日撮ったベランダの花や桜の花。
花いっぱいの春、いいな~^^。

今日は年少の者のクリニックの日だった。
外でご飯食べながら、彼は一生懸命好きな
エニアグラムの話をしていた。
「○○のばーちゃん(私の実母)はタイプ4で、
人の気持ちがわからないけど、親切な人かもしれない」
というのを聞いて、あ~そういう所もあったなと思った。

生まれつきそういう人なんだろうと思ったら、
もうすべて許せる気がした。
懐かしい気すらした。
自分の生まれつきの性質を許せたら、
母を恨む気持ちも消えた。
相性が悪そうなので、自分から近づこうとは思わないが。
もやもやする気持ちはなくなった。

やまない雨はない 

170325IMG_6463.jpg

ハナニラがあんまりきれいなので、また撮っちゃった。

時々気分が落ちることがあるのだけど、そういう時は
過去の嫌だった場面が頭に浮かんでしまう。
子どもの頃は『嫌だった』意識すらなかったから、余計に。
記憶を消してしまえたら楽なのにと思うけど、無理みたい。
つらい時はつらい気持ちのままに生きていくしかないのかも。
やまない雨はない。