SSTとか 

170525IMG_6852ノイバラ

下の記事に拍手ありがとうございます。

画像は昨日撮ったノイバラ(多分)。

一昨日、フリースペースに行ってみた年少の者は
「誰とも話ができなかった」と言って、しょんぼり帰ってきた。
落ち気味だった気持ちがさらに落ちたようで、
昨日は「迷惑行為で1週間の皿洗いの罰はきつすぎる」と
文句を言い出した。
家族内で話し合って、一つだけ迷惑行為の枠から外した。

また家事は罰というイメージが定着するのも困るので、
家事をしたらアルバイト料を払うというのもやることにした。

それと、SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)をやらせたほうが
いいのではないかという話になり、検討している。
とりあえず、『発達障害がある人のためのみるみる会話力がつくノート』
(題名長い;)という本を取り寄せてみた。
ざっと読むと社会人向けの本のようだ。
興味を持ってくれると良いが。

昨日、本屋でアフタヌーンの表紙を見たが(中は見られなかった)、
おお振り再開のお知らせはなかったような?
まだ先になるのかな。

さて、明日は聖地巡礼の旅に出ます(*´▽`*)
天気良さそう、気温も程よい感じ。
石巻の町の様子はどうなっているのだろうか。
石越のふるさと記念館は特別企画展があるみたいだ。
楽しみです♪

NHKスペシャルとか 

170523IMG_6849キンギョソウ

下の記事や三橋誕の記事に拍手ありがとうございます。

画像は今日撮ったキンギョソウ。

進撃の巨人2期、1期に引き続きおもしろいな~!
31話なんてドキドキして、2度観ちゃった。
アニメしか観てないけど、原作もおもしろいんだろうな。

21日にやっていたNHKスペシャル『発達障害』特集を観た。
発達障害本人の視点を映像化したのは斬新だと思った。
うちの年少の者も、聴覚過敏、触覚過敏、味覚過敏が激しい。
特に聴覚過敏が激しくて、幼児期にすべての警告音がダメになり、
音が怖くて家の外にほとんど出られない時期があった。

NHK、いい番組を作ってくれたが、本人たちをスタジオに呼ぶのに、
最初に派手派手な壁紙を考えたのは、配慮が足りないような気がする。
「これは無理」と言われて替えたと言うが、それでも真っ白な壁に
ピカピカする水玉模様は、「目が痛い」と言わせたいがため?
と思ったのは、うがった見方かもしれないが。

色々なことに敏感な(逆にひどく鈍感な感覚もあったりする)発達障害者は、
普通に生活するだけでも、とても疲れるのだろうな。
発達障害者の最大7割がうつだという調査結果もうなずける。
敏感なことは大変ではあるけれど、感受性が豊かであるということでもある。
困難も長所も含めて、理解が広まるといいと思っている。

年少の者は家族に勧められて、何か新しいことを始めようと思ったようで、
以前に通っていたフリースペースにまた行くことにした。
週に1回位を考えているようだ(前は週に4,5回通っていた)。
続くかどうかはわからないが、動く気になったことは進歩だと思う。
私もその日だけはほっと一息つけるかもしれない。

迷惑行為とか自己肯定感とか 

170514IMG_6812アルペンブルー

画像は今日撮ったアルペンブルー。

昨日は大雨の中、卓球場から帰って、びしょ濡れになった。
夜になって、急にくしゃみが止まらなくなり、鼻をかんでばっかり。
風邪ひいちゃったと思い、ビタミンCを飲んで寝たら、朝治っていた。
ここ数年、風邪をひかなくなった。
毎晩濡れマスクをして寝るようになったからかな。

数日前から、年少の者がイライラし始めて、一昨日の夜中、
近所で迷惑行為オンパレード状態だった。
昨日、「夜中にうちの玄関チャイムが鳴った。またパトカーが来たかも」
と言って、やらかしたことを全部白状した。
前に約束していた通り、罰として一週間の皿洗いをやらせている。

皿洗いが罰になるというのは、毎日普通にやっている私にとっては
微妙な気持ちなのだが…。
しかも、マグカップだけ洗ってない?
「これは皿じゃない」って、お前…。
そうだった、言葉通りにしか受け取れないのね^^;

彼の迷惑行為は、社会(親も含めて)への復讐なのかもしれない。
自信のなさの裏返しでもあると思う。
自己肯定感を上げることが急務なのでは。
私の自己肯定感の低さが連鎖した可能性もある。

柄谷行人さんが「子育てに成功はない」と言ったそうだ。
どういう意味で使った言葉なのか、よく知らないけど、
親も未熟な人間だから、そうそううまくは子育てできない
という意味なのかな?とも思う。

自己肯定感の低さが親から連鎖したものだとしても、
親を恨んでも何の意味もないんじゃないか。
『親』を『社会』と言い換えても同じ。
親や社会から引き継いだものがいらないものだったら、
捨てられるのは自分しかいない。

今、私は『自分をほめること』を心がけている。
夜中にふと目覚めた時、家事をしている時、スポーツをしている時、
色々な時に、「えらいね」「よし!」「いいぞ!」「素敵だね」って。
人に認めてもらえなくたっていい。
自分だけは自分の味方。
私が自己肯定感の低さに苦しむようになる前(幼児の時位?)の
自分に返れたら、年少の者に良いものを伝えられる気がする。

英会話とかライブとか 

170407IMG_6526.jpg

画像は今日撮った登山道の桜。

昨日、今日と風が強く、雨が降ったりやんだり。

年少の者がDMM英会話を再開して、ちょうど一か月。
ネイティブと話せるコースを取っていて、
文化の違いなどをテーマに話し合っているようだ。
後、時々笑い声が聞こえるのは、どうやら自分の悪さの話を
しているような…。

でも、この頃悪さはやんでいるようだ。
気分が落ちることはあるらしいが、我慢できると言う。
理由を聞いたら、「少し自信がついた」と。
この5年間、一進一退だから、安心はできないけど。

元球児から、今年のワンマンライブが11月末に決まったと連絡があった。
去年は川崎だったが、今年は新宿。
数年前、うつ状態で引きこもった時期があったことを思うと夢のようだ。
売れてくれれば申し分ないが、独り立ちして
元気に活動しているだけでありがたい。

入院中止 

今日、クリニックの担当医師に年少の者の紹介状を
送ってもらった病院から、連絡が来た。
「うちでは受け入れられない」と。
問題行動がひどすぎて無理だということらしい。
これで問い合わせた病院全てから、入院を断られた。
医療保護入院は断念せざるを得ない。

家族で今後のことを話し合った。
・危険行動をしたら、すぐに通報する→措置入院になるかも
・迷惑行為をしたら、罰として一週間の皿洗い、
 あるいは三泊四日のホテル暮らし(当人はホテル暮らしはきついと言っている)

私は本人に「親と子というよりも、同居人として、
対等な立場でコミュニケーションをとろう」と言った。
上から物を言われるのがどうしても嫌みたいなので、
それを心がけてみようと思う。

今の状態では一人にしておくのが危険なため、
なるべく私か家族が家にいるようにする。
平日は家族が仕事に行くから、私一人で看ることになる。
たま~にだけど、義母や友人とご飯を食べたりしていたのだけど、
しばらくは無理になった。
今まで以上に引きこもりになるなあ…。
平日昼間は多くの人が仕事をしているんだから、
仕事だと思えば仕方あるまい。

でも、私は楽しみをあきらめていませんよ^^。
同じ仕事なら楽しくやろう。
試行錯誤しながら、道を探ってみる。
自閉症の人間がどうしたら幸せに生きられるか。
合間に自分の趣味も続ける。
年少の者は目が悪いんだかなんだか(笑)、
「へーちゃん(私のこと)、きれい」と毎日言っている。
なるべく長くそう言ってもらえるように、美容にも
気を使いますか^^。