一言 

無事、聖地巡礼の旅から帰ってきました。
超~楽しかったヽ(^o^)丿 レポは明日以降。

旅の最後にドジりまして、携帯を自宅送りにした
荷物の中に入れたっぽい;(多分)
なので本日15時~明日の昼頃?まで、
携帯は手元にありません。 

関西旅行(1) 

家族3人で関西旅行に行ってきました。

関西旅行1日目(3/29)。
160329IMG_5355.jpg
新幹線に乗って、京都駅へ。
駅ビルラーメン小路で、京都ラーメンを食べた。

160329IMG_5356.jpg
四条や祇園辺りをぶらぶら。
鴨川の景色。

160329IMG_5357.jpg
京都の桜。

160329IMG_5366.jpg
観覧を予約していた京都御所。
これは鶴の間。

160329IMG_5377.jpg
清涼殿(だったと思う)。

160329IMG_5385.jpg
京都御所の枝垂桜は満開だった。

160329IMG_5387.jpg
夕食はホテル近くのレストランで。

宿は京都アランヴェールホテル。
最上階に大浴場があって、快適だった。
年少の者は一人で、シングルルームに泊まらせた。
夜中にカードキーを部屋に忘れて閉め出され、
私達の部屋に来たがすでに眠っており、
フロントに行って何とかできたのは収穫。

関西旅行(2) 

関西旅行2日目(3/30)
160330IMG_5393.jpg
電車に乗って、大阪へ。
大阪城へ行った。
すごく混んでいた(真田丸の影響?)。

160330IMG_5394.jpg
最上階からの景色。

160330IMG_5399.jpg
城内にあった大坂の陣の展示物。
赤い旗印は真田軍。

160330IMG_5400.jpg
城を出てから、昼食。
関西風のおうどん、おいしかったv

160330IMG_5401.jpg
道頓堀辺りをぶらぶら。

160330IMG_5402.jpg
おなじみのグリコの看板。

160330IMG_5408.jpg
えびす橋の上にも下にもすごい人だかりで、びっくり。
偶然『ちはやふる』のスペシャルイベントがあり、
俳優さんたちが船に乗ってきた。
2時間前に告知されて、1万人位ファンが集まったそうだ。
広瀬すずちゃん、かわいかったー(写真には小さくしか写ってないが)。
年少の者も大喜び^^。
男の子二人はよく知らなかった。

その後、アメリカ村という所をぶらつき、
変わった本屋&雑貨屋に入って買い物をした。

160330IMG_5410.jpg
チケットを取っておいた、なんばグランド花月へ。
漫才も落語も新喜劇もとてもおもしろくて、笑ってばかり。
年少の者も爆笑していた。
2時間半、たっぷり楽しんだ。

160330IMG_5412.jpg
劇場近くのお好み焼き屋さんで夕食。
大阪に来たら、粉物食べなきゃね。

一日歩き回った後、京都のホテルに戻った。

関西旅行(3) 

関西旅行3日目(3/31)。
160331IMG_5414.jpg
ホテルを出て、京都駅から奈良線に乗り、伏見稲荷へ。
この数年、京都といえば、必ず行っているような。

160331IMG_5416.jpg
お狐様。
おみくじを引いた直後に、年少の者が急に荒れだした。
疲れたのだろう。仕方なく、引き返すことに。

160331IMG_5417.jpg
とりあえず駅近くのカフェで一休み。
私は抹茶ソフトを食べた。
ジュースを飲み終えた年少の者が、
「やっぱり行く」と言うので、再チャレンジ。

160331IMG_5418.jpg
千本鳥居。
ここに自分の鳥居を立てられたらいいだろうなと思いつつ。
心屋さんの鳥居もあるらしいのだが、見つからなかった。
奥の院まで歩いて、清め砂を買った。
いつかお山めぐりをしてみたい(去年は違う所を歩いてしまった;)

160331IMG_5422.jpg
京都駅に戻り、ラーメン小路で博多とんこつラーメンを食べた。
そして、新幹線に乗って帰路についた。

3日間とも天気がよく、温かくて、とても歩きやすかった。
自閉症でうつ病の年少の者連れは不安だったが、
なんとか旅行ができた(ピンチもあったけど)(帰宅後も荒れた)。
私自身もうつ病が治りかけだったが、疲れることもなく、
楽しい旅になった。自信がついた^^。
色々計画し、手配してくれた家族には感謝です。


下3つの記事に拍手ありがとうございます。

旅行計画とか大丈夫かとか 

160217IMG_5218.jpg

画像は満開に近い梅の花。いい香り。

年少の者が関西の文化に興味があって、
それで来月関西旅行に行くことにした。
家族がガイドブックやネットを駆使して、
関西らしい所?を探している。
京都の京都御所と、大阪のなんばグランド花月を
予約してくれた。
無事行けますように。

それと違うことなんだが、数日前に年少の者の部屋に
プリントアウトされた地図が落ちていた。
「これ何?」と聞いたら、「渋谷のギャルカフェの地図」と言う。
今日出かける支度をしていたので、
「もしかして、ギャルカフェ行くの?」と聞いたら、
「迷っている」と答えて、出て行った。
全然わからないけど、そういう店って危険はないんだろうか?
高額請求されたりとか。
大体、選択性緘黙でろくに口も利けない自閉症者が、
入れるような所なのだろうか?
心配で頭がグルグルしている。
でも行くと言ったら黙って行っちゃうやつだし、
何か起こったとしても、自分で対処させるしかないか…。
「困ったことがあったら、連絡しなさいね」と言って、送り出した。
何もないといいのだけど。