大掃除とか壁に穴とか 

180419IMG_8196ハルジオン

今日はいい天気。
ピンクのハルジオンが咲いていた。

お掃除スイッチが入ったので、いつもより丁寧掃除。
年少の者のエアコンは部品を手入れする必要があるので、
手伝いながら本人にやらせた。

ふとエアコンのわきの壁を見ると、穴が3つ開いてる!?
どうしたのか聞いたら、一昨日イライラした時に
トンカチで殴ったと。

「修理代は出してもらうよ」と言って、しばらく考えてから、
イライラについて考えさせて、ノートに書かせた。
「なぜイライラするか」や「イライラした時の対処法」など。
いいと思う対処法には〇、ダメなのは×、微妙なのは△を
つけさせて、本人の机の前に貼っておいた。

帰宅した家族が壁の穴を見て、
「3日間家の食べ物の飲食禁止」を言い渡していた。
私は罰は効果がないのではと思ったが、
ここまでひどい場合しょうがないかも。

同じことを繰り返しているような気がするが、
少しずつ進歩していると信じたい。

春の花とか否定しないとか 

180418IMG_8189.jpg
180418IMG_8194.jpg
180418IMG_8191シラー

本日2度目。

画像はツツジとシラー。

昼過ぎまで降っていた雨がやんで、夕方は晴れた。

年少の者と私の間にはグチルールというものがあって、
グチは短時間、最後にお礼を言うということにしている。
今日もそれに従って、グチを聞いていたのだが、
ふと否定の言葉を一切使わず聞いてみようと思った。

グチなんだからネガティブなことがほとんどなわけで、
聞いているほうはつい「でも」という言葉をはさみたくなる。
それをやめて、「そうなんだ」「それはこういうことかな?」
などと相手の言い分を聞くことに徹してみた。

そしたら彼は最後はグチっぽくないことを言って、
明るい顔で部屋に戻っていった。
こんなことで良かったのかー。
今まで「でも」を言い過ぎていた。
グチを言う方は気持ちをわかってもらいたいだけで、
結論は自分で出すんだよね。
あ~、もう!
いや、今からでも遅くはない。
気づいた時が始める時。

パーソナリティ自己診断 

最近、精神科医の岡田尊司さんの本を
何冊か読んでいます。
『パーソナリティ障害』という本の末尾に載っている
パーソナリティ自己診断というものをやってみた。

パーソナリティを10個の傾向に分けて、
自分がどの傾向があるかを調べるもの。
私は、依存性、強迫性、妄想性パーソナリティの
傾向があるという結果が出た。

点数がギリギリなので、障害というほどではなく、
傾向がある程度だと認識している。
この3つの傾向があるのは自分でも納得できる。

岡田さんはパーソナリティ(障害も含めて)を、
生きるための戦略と考えているようだ。
困ったことと考えるより、それを生かす方向で
考えるのがいいのではないかと思う。

頑張りすぎ? 

昨夜、家族に腰を軽くさすってもらい、サーノ博士の
『ヒーリング・バックペイン』を読んで眠り、
朝起きたら腰痛が消えていた。
…と思ったとたん、ぎっくり背中。

呆然とした。なにこの循環。
筋膜ケアの先生に連絡を入れて、診てもらった。
「水泳のやりすぎだと思う。この筋肉はクロールで使う筋肉。
筋肉が固くなっているのをほぐさないと」

え~っ、もうわけわからん。
頑張りすぎということなんだろうか?

また軽いぎっくり腰 

朝起きて、トイレに座った時に、
また軽いぎっくり腰をやってしまった。
すぐに整形外科に行って、飲み薬をもらってきた。
昼からは年少の者をクリニックに連れていかねば。
腰にサポーターを巻いて、長距離ドライブ。
き、きつい…(>_<)
途中で動けなくなったら困るので、そろそろと歩く(涙)。